無印のシャツジャケットを本藍染した。添乗のユニフォームにしよう!

衣類
  • 何年も前に買った無印良品のシャツジャケット

胸ポケットのほかに、シャツの横(腰のところ)の左右にもポケットがついていて、取材や撮影や旅行添乗など、外でいろいろ活動する仕事のときに重宝なんです。記事もすこし厚めで、シャツとしても着られるし、

いちおう襟がついているから、ジャケットとしてきちんとしたふうにも使えてお気に入り。

藍染めにしよう!!

でも、襟のところが、だんだんと汚れが落ちなくなってきていて、白い色も、なんとな~く、くすんできたかなぁ~と感じていたところへきて、

先日、福島の旅行添乗のとき、松本城ながめながらコーヒーのんでたら、あちゃ~。こぼしちゃったんですねコーヒー。しくしく。

上から3個めのボタンのあたり。

それで、前々から気になっていた藍染め工房のワークショップを申し込んで、藍で染めてみることにした!

人宿藍染工房トップページ
小さなお子様から大人まで「染める楽しさ」を体験しよう!お客様のお好きなモノを染められる「持ち込み染色」や「オーダーメイド」にも対応しています。天然灰汁発酵建てにこだわった本格的藍染をご提供しています。静岡市で天然灰汁醗酵建てによる藍染体験のできる唯一の施設です。

古くなった衣類を、藍染でリメイクして、新たな気持ちで長く使う、SDGsにもなる

人宿藍染工房の「持ち込み染色ワークショップ(随時開催)」を申し込み。

 

持ち込みワークショップの価格は、衣類の重さ×33円。さっそく、衣類を計量。

330グラムにおまけしてもらって、染色ワークショップ料金は、11,220円と相成りました。

 

 

藍の染め液に

漬けては、絞り

 

 

空気にまんべんなくあてる。→空気にあてると、色が変わって、藍色になってくる

 

を、何度か繰り返し、最後は水で、すすぎます。

 

天然灰汁発酵建(あくはっこうだて・本藍染)の染液には、古いお年寄りタイプと、ピチピチの若者タイプがあるそうで。

古い液は、落ち着いていて、しっかり色が入るんだけど、入り方が薄い。

若者タイプの液は、濃い色が入るけど、安定していなくて、ムラになったり、扱いにくいとか。

などなど、丁寧に説明を受けつつ、自分でシャツを染めていく。

 

とっても綺麗に染まって、大満足!!

このシャツジャケットは、添乗行くときのユニフォームにするつもり。

 

仕事するときって、着るものを決めちゃうと、かんたんで便利。

「私服だけどユニフォーム」として、決まった服を着るのがいいよ~!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました