自宅が売れて、住宅ローンの清算が終わった。(借金返済がない日が訪れるとは…)

家のこと

三階建て7部屋の自宅に、自分とネコ2匹で暮らすのは無駄やん?売っちゃえ。

と、昨年から売り出していた自宅が、売れた。

立地はいいのだけれど、「この間取りなのに、駐車場が1台分しかない」って、理由で、3組くらいのお客さんが購入を見送ったんだって。

だって、こちとらシングルマザーだもんで自宅に駐車場は1台分で十分で、さ~。

ともあれ、売れたんだから、良かった良かった。

 

普通の人生なら、家を買うっていうのも、一生に一度だろうけど、

家を売るっていうのも、一生に一度だろうな。

 

うちはネコいたんで、売るにあたっては、全部屋を一度リフォーム。壁紙、床など120万くらいかけて直したうえで、売り出した。

築17年で鉄骨だし、床はすべてムク板で、なかなかいい物件だったと思うよ。

買い主さんも、ずいぶん気に入ってくれたから、こっちもうれしかった。

 

住宅ローンと固定資産税がなくなった!家売るときの清算って?

家売るときの清算って、どうなるんだろう~~と思っていたけど、こんな感じ。

売り主、売り主側の不動産屋、住宅ローン借り先の銀行員

買い主様(奥様)、買い主様側の不動産屋、買い主さんの住宅ローンの銀行員

司法書士の先生。

合計 8人が、買い主側銀行の応接室に大集合!!

確認とりながら、順番に手続き。

(契約書は、締結済み)

不動産の権利書を司法書士の先生に預けます。→ 買側銀行が、融資を実行→買主銀行口座に入金→現金で一部出金(売側不動産屋支払い分)→残金をおいら銀行口座に振込→(住宅ローン残金分の出金伝票を事前に記入済み)銀行口座から出金されたローン残金が清算される(同時に繰り上げ返済手数料も自動引き落とし...3万円くらいでした)→不動産の抵当権がはずされる→すべての確認した司法書士先生から、不動産権利の手続きをする旨報告があり、

ここで、お金の清算はおしまい。

権利書は、2週間ほどして買い主さんの元へ届けられるのだそう。

司法書士・銀行とは、この清算日の前に、打合せの機会をもって、必要書類をそろえたり、帳票に記入をしたりをすませてた。

事前の記入もあったので、清算手続き、すべてで1時間ほどで終了~。

住宅ローンの支払いは、これまで18年間ほど続けていて、月々が11万円ほど。固定資産税は、年間で20万弱かな?

年間  150万くらいかかっていた住居関連の必要経費がなくなって、すっきりしました。ココロはればれ。

 

え?ところで、自宅売ってたけど?どこに住んでんの?

と思うよね?

リフォームした時点で、賃貸アパートを借りて、そこに一次避難、ネコちゃん2匹と。

住宅のための必要経費は、月額5万円、年間60万円。

これからずっと賃貸に住もうとは思っていないので、今後の暮らしをどんなふうしよう~と考えつつ、住処をさがして新居に移るつもり。

 

新居を探したり、暮らしのいろいろをブログに書いていく!

コメント

タイトルとURLをコピーしました