29年試験Ⅰ問題9

29年試験Ⅰ問題9

 

間 1文章中の下親部A 「行動主義心理学に基づく言語習得観」に関する記述として最も適当なものを、次の 1-4の中から一つ選べ。
問2 文章中の下娘部B「母語と目標言語との差異は学習の困難点となる」を主張したものとして最も適当なものを、次の 1-4の中から一つ選べ。
問3 文章中の下線部C 「誤り」の種類に関する記述として最も適当なものを、次の 1~4の中から一つ選べ。
問4 文章中の下線部D 「誤用分析研究」の問題点として不適当なものを、次の 1~4の中から一つ選べ。
問5 文章中の下線部E 「自然習得順序仮説」の説明として最も適当なものを、次の 1~4の中から一つ選べ。