29年試験Ⅰ問題8

29年試験Ⅰ問題8

留学生を対象としたカウンセリングや異文化受容等に関する次の間い(問 1~ 5) に答えよ。

問 1カウンセリングにおける「ラポール」の説明として最も適当なものを、次の 1~4の中から一つ選べ。
問2 カウンセリングにおいてカウンセラーが行う「傾聴」に関する記述として不適当なものを、次の 1~4の中から一つ選べ。
間3 留学生における文化受容を考える際に、ペリー(J.W. Berry)が提唱した四つの「文化受容態度」が参考になる。その一つである「周辺化」に関する記述として最も適当なものを、次の 1~4の中から一つ選べ。
問4 文化に対する考え方の一つである「文化相対主義」に関する記述として最も適当なものを、次の 1~4の中から一つ選べ。
問5 ホール (E.Hall)が提唱した概念に「高コンテクスト文化」1"低コンテクスト文化」がある。「高コンテクスト文化」に関する記述として最も適当なものを、次の 1~4の中から一つ選べ。