29年試験Ⅰ問題4

29年試験Ⅰ問題4

話すことの指導に関する次の間い(間 1~ 5)に答えよ。

問1 「パターン・プラクテイス」を重視する教授法・教育方法として最も適当なものを、次の 1~4の中から一つ選べ。
問2  初級で用いる「モデル会話」に関する記述として最も適当なものを、次の 1~4の中から一つ選べ。
問3「家族について話す」「趣味について話す」「教育について話す」のような項目で分類したシラパスの名称として最も適当なものを、次の 1~4の中から一つ選べ。
間4 会話で用いられる「フイラー 」の例として最も適当なものを、次の 1~4の中から一つ選べ。
問5  話す力を評価する方法の一つに 「OPI(Oral Proficiency Interview) 」がある。その説明として最も適当なものを、次の 1-4の中から一つ選べ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です