29年試験Ⅰ問題3 D

29年試験Ⅰ問題3 D

(16)文章中の(ア)(イ)に入れるのに最も適当な組み合わせを、次の 1-4の中から一つ選べ。
(ア)(イ)
120~3030,000
260~7030,000
320~303,000
460~703,000
(17)文章中の下線部A「二重分節性」の説明として最も適当なものを、次の 1-4の中から一つ選べ。
(18)文章中の下線部 B 「超越性」に関する記述として最も適当なものを、次の 1~4の中から一つ選べ。
(19)文章中の(ウ)に入れるの樹適当なものを、次の 1~4の中から一つ選べ。
(19)文章中の下線部 Cに関する記述として最も適当なものを、次の 1~4の中から一つ選べ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です