試験Ⅰ問題3

29年 試験Ⅰ問題3 A

(1) 文章中の下線部A 「モーラ」に関して、日本語においてモーラが持つ音韻論的性質として最も適当なものを、次の 1-4の中から一つ選べ。
(2) 文章中の下線部Bに当てはまらないものを、次の 1-4の中から一つ選べ。
(3) 文章中の下線部C 「リズムの単位」に関して、言語とリズムの組み合わせとして最も適当なものを、次の 1-4の中から一つ選べ。

 言語リズム
1英語音節リズム
2スペイン語音節リズム
3中国語強勢リズム
4フランス語強勢リズム
(4) 文章中の下線部D「特殊拍」に関する記述として不適当なものを、次の 1-4の中から一つ選べ。
(5)文章中の(ア)入れるのに最も適当なものを、次の 1-4の中から一つ選べ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です