新初级会话L4-50D

初級第50課D

▶P2『尊敬語・謙譲語』アクティビティ(会社の面接で・・・)
T:李さんが転職をしたくて、ある会社の面接を受けに来ました。下線部を尊敬語に変えたり、謙譲語に変えたりしながら、会話文を直しましょう。
S:お名前は?李翔と申します。どちらからいらっしゃいましたか。中国から参りました。お宅はどちらですか。福岡に住んでおります。現在どこで仕事をされていますか?SOMYに勤めております。我が社の社長の名前をご存知ですか?はい。「存じております」「存じ上げております」。丸山社長ですね。何かご質問はありますか。いいえ、ございません。
(以下同様に下線部を尊敬語、謙譲語、丁重語に変えて会話文を直しながら、練習を続ける。その後、Sが李さん、Tが面接官になって、会話練習を続ける。)

▶P3『特別な尊敬語・謙譲語』特別な尊敬語、謙譲語の整理特別な尊敬語、謙譲語の復習。表の空いているところにどんな言葉が入るか、Sに質問しながら、答えてもらう。覚えていないようだったら、50課BP8の表に戻る。

▶P4『尊敬語・謙譲語・丁重語』(尊敬語か謙譲語を使いましょう!)
T:(左上の吹き出しを指しながら)お客さんに丁寧な言葉を使って話しましょう。
S:新しい計画について教えてくださいませんか。(以下同様に吹き出しを指しながら、尊敬語、謙譲語を正しく使えるように練習を続ける)
解答例)お客さんと・・・その件は佐藤がご説明します。佐藤さんは、今いらっしゃいますか。
同僚と・・・
所長はお酒を召し上がるか知ってる?
所長はお酒をお飲みになるか知ってる?
所長はお酒を飲まれるか知ってる?
昨日部長がおっしゃってたことは、本当?
社長に仕事を褒めていただいたんだ。
歓迎会の日程を課長にご連絡したよ。

▶P5『尊敬語・謙譲語』アクティビティ質問がなければ触れる必要はありません。話題の人が同じグループに属している場合は、ソトのグループの人に対して謙譲語を使う。
※「ソト」の人とは、話し手の属するグループ(家族や会社)に属さない人を指す。

T:ユニシロの鈴木さんと「私」が敬語で会話をします。どんな会話をしていると思いますか。
S:会話例)(Sに私役、Tが鈴木役をしてもよい)
鈴木:ユニシロの鈴木と申します。いつおお世話になっております。
私:お世話になっております。
鈴木:安田さんはいらっしゃいますか。
私:安田はあいにく出張中でございます。(余裕があれば下記のように会話を広げる)
鈴木:そうですか。いつお戻りになりますか。
私:来週の月曜日に戻りますので、こちらからご連絡いたしましょうか。
鈴木:はい。お願いいたします。

▶P6イラスト会話『深くお礼申し上げます』準備
T:次に会話の練習をしましょう。タイトルを読んでください。
S:深くお礼申し上げます。
T:「深くお礼申し上げます」はどんな意味ですか。
S:感謝の気持ちを伝える表現です。
T:そうですね。「深くお礼申し上げます」は、感謝の気持ちを丁寧に伝える表現です。スピーチやメール、手紙でよく使われる表現です。それでは、次に新出語を読んでみてください。
(Sがわからない言葉があれば説明する)

▶P7、8イラスト会話
T:このイラストについて自由に説明してみてください。
S:(イラストについて自由に話す)
T:スピーチコンテストで優勝した劉偉さんへインタビューをしています。(目標:改まった場面で、敬語を使って適切な受け答えができる)
T:では、会話文を読んでみましょう。Sさんは劉偉さん、私は司会者です。(終わったら)
T:次は、Sさんは司会者です。私は劉偉さんです。※余裕があれば、会話文を何回か読ませたあと、イラストだけを見せ、会話を再現する。会話文と同じでなくても、よい。そのあと、スピーチコンテストには出たことがありますか。もし、賞金をもらったら何をしたいですか。などの質問をして、自由に話してもらってもいい