新初级会话L4-50A 尊敬語・謙譲語

第50課A

▶P2
敬語について49課で敬語について説明したので、確認程度にして、今回は謙譲語とは、どういう状況で、どのような時に使われるものかを中心にイラストを指しながら説明する。

●敬語はいつ使う?誰に使う?授業で学生に解説しないでください
敬語は、話し手が、相手(聞き手)や「話題の人物」に敬意を表す表現です。
相手(聞き手)や話題の人物が、「目上の人(先生や上司、自分より年上の人など)」、また、「知らない人や親しくない人」にも敬語が使われます。また、改まった場で話すときも敬語が使われます。

●敬語にはどんな種類がある?

尊敬語・謙譲語・丁重語があります。

尊敬語→敬意を表すために、相手のすることを高めて言うときに使います。代表的な例:「れる・られる」「お/ご~になります」「お/ご~ください」「いらっしゃいます」「召し上がります」などの特別な形

謙譲語→敬意を表す人に対して、私か私側の人のすることを低めることによって、相手に対する敬意を表すときに使います。
代表的な例:「~いたします」「~させていただく」「お/ご~します」「お目にかかります」などの特別な形

丁重語→話し手、聞き手の人間関係とは無関係に、単に丁重さを表すときに使います。代表的な例:「まもなく電車がまいります」「おります」「~でございます」「お名前」「ご注文」など
授業で学生に解説しないでくださいここまで

▶P3『お+動詞・ます形+します』(謙譲語)
(「わたくしが荷物をお持ちします」←網掛け部分を目隠し)

〈導入①〉
T:(人を指しながら)この人は誰ですか。
S:お嬢様です。お嬢様のお世話をする人です。

T:そうです。お嬢様のお世話をしている男の人は、何と言っていると思いますか。
S:荷物を持ちましょうか。
T:もっと丁寧に言います。「荷物を持ちます」を謙譲語を使って言います。
【「わたくしが荷物をお持ちします」】(網掛けを外す)

▶P4『お+動詞ます形+します(謙譲語)』文作成練習(イラスト)(「コーヒーをお淹れします」←網掛け部分を目隠し

〈導入②〉(P4のイラストを見せながら)
T:(吹き出しのあるイラストの右の人を指しながら)この人は社長です。何と言いますか。コーヒーを・・・
S:コーヒーをお淹れします。(以下同様に尊敬動詞の作り方の練習を続ける)

【接続:お+動詞ます形+ます→します  お+持ち+し・ます】←記入(I、IIグループの動詞のみ参考用)

ここで待ちます
電話をかけます
駅で迎えます
新しい予定を知らせます
ファックスを送ります
すぐ返します
仕事を手伝います
パンフレットを作ります
質問に答えます

▶P5『お+動詞・ます形+しましょうか』(謙譲語)文作成練習(文字)・会話練習(「お持ちしましょうか」)←網掛け部分を目隠しする
T:先生が重そうな荷物を持っています。Sさんは、先生に何と言いますか。
S:重そうですね。持ちましょうか。
T:いいですね。では、「持ちましょうか」をもっと丁寧にしましょう。謙譲語を使いましょう。
S:お持ちしましょうか。(網掛け部分を外す)(以下同様に練習を続ける。文作成練習が終わったら、役を決めて、会話練習をする。)

▶P6導入『ご~します』(「わたくしがご案内します」)←網掛け部分を目隠しする

3グループの謙譲語「ご+動詞(ます形)+する」
T:(女の人を指して)お客様です。(男の人を指して)店員です。店員はお客様に言います。「私が案内します」お客様ですから、もっと丁寧に言います。
S:わたしがお案内します。
T:動詞のIグループ、IIグループの動詞は「お~します」でいいです。↼この2行は質問がなければ触れない。3グループの動詞は「ご~します」の形になります。【「わたくしがご案内します」】(網掛けを外す)

▶P7『ご~します(謙譲語)』文作成練習(「会社の中をご案内します」)←網掛け部分を目隠しする
T:例文を読んでください。
S:会社の中を案内します。
T:謙譲語を使って言うとどうなりますか。
S:会社の中をご案内します(網掛けを外す)(以下同様に練習を続ける)

ここでは受け手がいる「説明「案内」「紹介」「用意」「招待」「あいさつ」を扱う(他にも「相談」「連絡」「予約」などもある)3gVに受け手がいるVは少ない。

▶P8『お/ご~します)』自由会話(日本のお客様をお・も・て・な・し)

T:Qを読んでください。
S:(読む)
T:Sさんは何をしますか。
S:万里の長城をご案内します。(Sに自由に「お/ご~します」の形を使って、お客様にしてあげることを話してもらう)
T:Sさん、やさしいですね。相手のことを思って、考えて行動するサービスのことを「おもてなし」と言います。

会う→お会い→お会いします
借りる→お借りする→お借りします
返す→お返しする→お返しします
送る→お送りする→お送りします
取る→お取りする→お取りします
話す→お話する→お話します
読む→お読みする→お読みします
貸す→お貸しする→お貸しします
説明する→ご説明する→ご説明します
紹介する→ご紹介する→ご紹介します

 

特別な謙譲語
行きます/来ます:参(まい)ります
います:おります
(尊敬する相手がいる場所へ)行きます:伺います
聞きます:伺います
食べます:いただきます
飲みます:いただきます
もらいます:いただきます
します:いたします
言います:申します
見ます:拝見します
知っています:存じております
知りません:存じません
会います:お目にかかります

この資料、見た?

丁寧語→この資料、見ましたか?
尊敬語→こちらの資料を、ご覧になりましたか?
謙譲語→こちらの資料、拝見しました。

主語が相手の場合は尊敬語
自分が主語の場合は謙譲語

「(お客様は)こちらの資料を、ご覧になりましたか?」〇
「(お客様は)こちらの資料を、拝見しましたか?」×

「(私は)こちらの資料を、拝見しました」〇
「(私は)こちらの資料を、ご覧になりました」×