新初级会话L4-44A ~すぎました

初級第44課A

▶P2(「食べすぎました」←網掛け目隠し)
(この男性は何を食べましたか。今どんな様子ですか。どうしてですか。等自由に話す)
T:この男性は何を食べましたか。
S:ポテトチップスやケーキやハンバーガーです。
T:そうですね。今彼はどんな様子ですか。
S:とても気持ちが悪いです。
T:どうしてですか。
S:食べすぎたからです。
T:そうですね。今日は行為や状態が「過度」であることを意味する「~すぎます」を勉強します。普通はいい意味ではありません。マイナスの意味です。

【意味:行為や状態が過度である接続】
<動詞ます形>~すぎます

←記入(網掛けをはずす)

もう一度言ってください。
S:食べすぎました。(以下のように変換ドリルをしてもよい)
T:では「~すぎます」の練習をしましょう。Sさんは「~すぎます」の形にしてください。
T:飲みます→飲みすぎます
T:買います→買いすぎます
T:忙しいです→忙しすぎます
T:高いです→高すぎます
T:複雑です→複雑すぎます
T:まじめです→まじめすぎます

▶P3
T:では、イラストを見て「~すぎました」の練習をしましょう。(イラストを指しながら練習させる)
回答例:お酒を飲みすぎました。コーヒーに砂糖を入れすぎました。テレビを(長い時間)見すぎました。仕事をしすぎました。
買いすぎました。歌いすぎました。等(練習後、最近、または過去に「~しすぎたこと」を発表し合うのも楽しい)

▶P4
T:この男の子は誰ですか。
S:おおもりくんです。
T:そうですね。大森君の一日は大変だったようです。Sさんは大森君になって話してください。「今日は~すぎました」を使います。回答例:今日は食べすぎました/ゲームをしすぎました/泣きすぎました/考えすぎました/走りすぎました/勉強しすぎました。等(練習後、Sに何をしすぎることが多いか、どんな時にそうなるか、対策を立てているか等自由に話す)

▶P5
T:ここでは、「形容詞+すぎます」を練習します。(イラストを指しながら練習させる)
<い形容詞・いをとる>~すぎます/<な形容詞・なをとる>~すぎます
回答例:ふとんが重すぎます/シャツが大きすぎます/部屋が広すぎます/問題が簡単すぎます/家賃が高すぎます/お茶が熱すぎます等

▶P6(例文を読んだ後に練習する)回答例:
1)お酒を飲みすぎて、まっすぐ歩けません。
2)疲れすぎて、眠れません。
3)荷物が重すぎて、一人で持てません。
4)味が濃すぎて、たくさん食べられません。
5)説明書が複雑すぎて、わかりません/使えません。
(後文の可能動詞の否定が定着していない場合は部分的に復習する。例
T:歩きます→
S:歩けません。復習の時間がなければ、第27課を復習するように伝える)

T:この問題は難しいです・わかります → この問題は難しすぎて、わかりません
T:このお菓子はおいしいです・やぬます → このお菓子はおいしすぎて、やめられません
T:仕事が大変です・家族と遊びます → 仕事が大変すぎて、家族と遊べません
T:東京の電車は複雑です・旅行します → 東京の電車は複雑すぎて、旅行できません

▶P7
T:このイラストを見て、「~すぎる」所を見つけてください。参考用「~すぎます」が「て形」になるときは、「~すぎて」となる。

S:このネックレスは長すぎます。/このバッグは小さすぎます。/この靴は大きすぎます。/このコートの袖は長すぎます。・・・等(最近よく見るファッションや髪型で「~すぎる」と感じることがあるか聞いてみる。Tが写真を用意しておくのもよい)