新初级会话L4-39A

この部分は講師自身が理解しておくための参考資料です。授業で学生に解説しないでください。
●●●~て、~理由や原因を表す「て形」
あなたに会えて、うれしいです。前文後文前文は後文の原因や理由になっている。後文に「てください」「欲しい」「~たいです」は来ない。
明確に原因や理由を表すときは、「ので」「から」など明確に表現できる言葉をを使う。

例:暑くて、エアコンをつけてください。NG暑いのでエアコンをつけてください。OK
前文は後文よりも時間的に前のことでなければならない。
台風が来て、仕事は休みです。時間的に:前後
明日日本へ行って、今日ホテルを予約しておきます。NG時間的に:後前明日日本へ行くので、今日ホテルを予約しておきます。OK
●●●ので・から「ので・から」は理由や原因を表す。
概して「ので」は客観的で、「から」は主観的である。すなわち、「ので」は因果関係や事実関係を示す。「からは」は話し言葉でよく利用され、話し手の直接的な主観的理由づけ、気持ちや感情を示す。39課文法のポイント
ここまで

 

初級第39課A
p.2
T:頭を打ちました
S:<繰り返し>
T:記憶がなくなりました。
S:<繰り返し>
T:頭を打って、記憶がなくなりました。

【意味:後件の原因を表す。接続:Vて形、V(ない形)なくて、~】←記入

※後件に意志を含んだ表現は来ない。また、前件が先で、後件があとに起こるという時間的前後関係がある。↼参考用

質問がなければ触れる必要はありません。

p.3※「うれしかった」という感情の理由を表す。上司に褒められて、試験に合格してボーナスをもらって彼女(彼氏)ができて子どもが生まれて

p.4※「あなたに会えて、うれしいです」のように後文に発生した感情を述べ、前文にその理由を表す。このページでは、少しずつ感情以外の出来事になっていっても良いように誘導してもよい。1:通勤中に携帯をとられて、困りました。
2:ペットの鳥が死んで、悲しいです。3:先生に褒められて、うれしいです。4:地震のニュースを見て、びっくりしました。5:パソコンが突然フリーズして、こまりました。(仕事ができませんでした)6:電話で母の元気な声を聞いて、安心しました。

p.5
T:~て~を使って文を作ってください。
フィギュアが5万円だと聞いて、びっくりしました。
さいふを掏られて、困りました。
負けて、がっかりしました。
道に迷って、困りました。
試験に合格して、うれしいです。
※誘導例これは何ですか?何をしていますか?Sさんなら、どう思いますか?

p.6
T:否定のときは「~なくて、~」となります。若い頃はお金がなくて、
彼女へのプレゼントを買えませんでした。
インスタントラーメンばかり食べていました。
ボロボロの服を着ていました。
請求書が来ても支払えませんでした。
車を買えませんでした。
貯金できませんでした。

※時間が余った場合は、Sの経験などを使って作文させる。
※Sさんは子どものことどうでしたか。印象に残っている思い出はありますか。その時どう思いましたか。

例:子どもの頃、運動ができなくて体育の授業が大嫌いでした。