新初级会话L3-30D~たら、~ておきます(措置)

初級第30課D123 4 5 67

▶P2<文型導入「~たら、~ておきます」(措置)>(
「食事が終わったらお皿を洗っておきます」←網掛けを目隠しする)

導入方法:物を使った後にどうするか問いかけ導入する。

T:左の絵を見てください。女の人は何をしていますか。
S:食事をしています。
T:そうですね。では、右の絵はどうですか。
S:お皿を洗っています。
T:はい、そうですね。まず、食事をします。食事が終わったら、次にお皿を洗いますね。家で食事をするとき、どうして食事が終わったらお皿を洗うんですか。
S:お皿をまた使いますから…等
T:その通りです。お皿を次の食事にも使いますから、洗って片付けなければなりません。では、「片付けます」の意味を伝えたいとき、「食事が終わったらお皿を…」何と言ったらいいですか。
S:洗っておきます。
T:はい、そうです。「食事が終わったらお皿を洗っておきます(網掛けを取る)もう一つ例を出します。Sさんは、はさみをいつもどこにしまいますか。
S:引き出しの中にしまいます…等
T:そうですか。いつも違う場所に置いたら、次に使うときに大変ですよね。ですから、元のところにしまいます。Sさんは、「はさみを使ったら、元のところにしまって…」
S:おきます。
T:そうです。「はさみを使ったら、元のところにしまっておきます。」(←記入)
T:今日も「~ておきます」を勉強します。今日は、前に勉強した「準備」の意味じゃありません。今日の「~ておきます」は、「片付ける」の意味です。次にも使いますから、元に戻すと言いたいときに使います。
【意味:片付ける、次の使用に備えて元の状態にする(措置)】←記入

T:この「おきます」はいつか使いますから、します。と言う意味です。
T:未来の準備です。

 

「お皿を洗います」、「はさみをしまいます」、どちらも片付けです。次もまた使いますから、片付けなければなりません。「措置」とも言います。
T:作り方は、他動詞のて形+おきます、です。前と同じです。「今していることが終わりました」のサインで、「~たら」と一緒に使う場合が多いです。

【接続:(~たら、)(他動詞て形)おきます】←記入

「食事が終わったら」、「はさみを使ったら」、どちらも「~たら」を使っています。
T:では、言ってください。食事が終わったら、お皿を洗っておきます。
S:食事が終わったら、お皿を洗っておきます。
T:はさみを使ったら、元のところにしまっておきます。
S:はさみを使ったら、元のところにしまっておきます。

▶P3<単純練習(文字、イラスト)>

T:次は、措置の「~たら、~ておきます」を練習します。絵を見て、「~たら、~ておきます」の形で言います。(ヘッドセットの写真を指して)まず、これは何ですか。
S:ヘッドセットです。
T:そうですね。いつ使いますか。
S:日本村の授業を受けるときに使います…等
T:はい、そうです。では、ヘッドセットを使ったら、どうしますか。「~ておきます」で答えてください。
S:引き出しにしまっておきます。
T:いいですね。「ヘッドセットを使ったら、引き出しにしまっておきます」では、次の写真についても言ってください。(以下、同様に練習を続ける)

電子辞書
椅子
日焼け止め
地図帳

▶P4<単純練習(イラスト)「会議が終わったら…」>

T:次も、「~たら、~ておきます」の練習です。Sさんは会社員です。会議が終わったら、何をしておきますか。絵を見て、教えてください。
S:会議室の電気を消しておきます…等
T:そうですね。他の絵はどうですか。(以下、同様に練習を続ける)
T:他にアイディアはありますか。Sさんだったら、何をしておきますか。
S:参加者に議事録をメールしておきます…等。
T:なるほど。議事録を取る係だったら、それも必要ですね…等

▶P5<ロールプレイ、単純練習(文字、イラスト)>

「~ておいてください」の紹介
T:4枚の写真を見てください。何が終わった後だと思いますか。
S:ホームパーティーの後だと思います…等
T:どうしてそう思いますか。
S:食べた後のお皿や、飲んだ後の缶、食べかけのケーキなどがありますから…等
T:そうですね。Bさんの家でパーティーをしました。パーティーの後、片付けをします。Aさんが手伝います。(会話文を指して)私がAさんをしますから、SさんはBさんをしてください。
手伝いましょうか。
S:ええ、お願いします。
T:お皿やコップはどうしましょうか。
S:台所へ持って行っておいてください。
T:わかりました。Aさんが、お皿やコップの片付け方についてBさんに質問しました。Bさんは、「台所へ持って行っておいてください」と言いましたね。「~ておいてください」(←記入)は、片付けを他の人にお願いするときによく使います。では、次の写真についても言いましょう。SさんがAさんもBさんもしてください。(以下、同様に練習を続ける。)

※時間に余裕があれば、一通り練習した後、TとSがA役とB役を交互に行う練習もする。

▶P6<文作成「気が利く秘書」>
T:最後の練習です。(表題を指して)読んでください。
S:気が利く秘書
T:秘書は気が利く人がいいですね。「気が利く人」はどんな人ですか。
S:指示をしなくても、先に自分でしてくれる人です…等
T:はい、いい説明ですね。青いところを見てください。Sさんは気が利く秘書です。上司に6つの事が起こります。Sさんは何をしておきますか。教えてください。例を1つ見ましょう。「来週の出張が中止」になりました。これを聞いて、秘書は何をしておきましたか。
S:飛行機をキャンセルしておきました。
T:はい、そうです。飛行機のキャンセルは早くしておかなければなりませんね。上司が直接言わなくても、気が利く秘書はキャンセルします。では、次のケースも考えましょう。ヒントを見て、考えてください。(以下、同様に練習を続ける)
T:今日は、措置の「~ておきます」の復習をしました。「~たら」と一緒に使ったり、「~ておいてください」の形でも使ったりする表現です。

 

「〜ておきます」は既習の文型と一緒に使うことができる。

〜ておいてください。
〜ておきましょう。
〜ておかなければなりません。
〜ておかなくてもいいです。
〜ておく(N)です。
〜ておいてくれました。

「ために」は未習だが、
次の人のためにする・次のときのためにするという説明もあり。

明日のプレゼンのために、準備しておきます。

先生にメールをしておきましょう。

泥棒に入られるかもしれないから、鍵をかけておきましょう。

勉強のために、スマホに辞書のアプリを入れておきます。

バスに乗る前に、薬を飲んでおきます。

風邪が早く治るように、薬を飲んでおきましょう。

医者「あなたはインフルエンザですね。薬を出だしておきますね。」

明日は大事なプレゼンがありますから、シャツにアイロンをかけておきます。

日本語を勉強しておいたおかげで、いい仕事が見みつかった。

飲み会かいのために、ビールを買っておきます。

来週、旅行に行いきますから、飛行機のチケットを予約しておきます。

冷蔵庫れに入れておいたご飯を見つけたので、レンジで温めて食たべた。

パソコンに入いれておいたアンチウィルスソフトのおかげで、パソコンのトラブルはありません。

ポイントカードを持っておけば、10パーセント割引になります。

またテストで0点てんだったの?ちゃんと勉強しておかないからだよ。

ちゃんと寝ておかないと、明日、辛つらくなるよ。

彼の家に行いく前には、電話しておいたほうがいいよ。寝てるかも知しれないから。

会社を訪問する前まえに、メールしておきましょう。

防災グッズを買っておいたから、これで地震が来きても大丈夫だいじょうぶ。

お皿が洗いやすいように、使ったお皿は水に漬つけておきましょう。

会社の面接の前には、その会社のことをよく調べておきましょう。

野菜は食べる前まえに洗っておきましょう。