新初级会话L2-16C~は~が~

初級第16課C

▶P2<文型導入「N1はN2がAです」>(「高井さんは背が高いです」←網掛け部分を目隠し)

T:絵を見てください。人が何人いますか。
S:5人います。
T:そうですね。みんな高井さんを見ていますね。Sさん、高井さんはどうですか。
S:背が高いです。
T:はい、そうです。高井さんは背が高いです。(目隠しを取る)そして、顔が…
S:小さいです。
T:そして、脚が…
S:長いです。
T:そうですね。
「高井さんは顔が小さいです」←記入
「高井さんは脚が長いです」←記入
【意味:人、動物、物の特徴を説明】←記入

【接続:<名詞➊(人、動物、物)>は<名詞➋>が<形容詞>です。】←記入

助詞(は、が)に注意してください。

では、言ってください。高井さんは背が高いです/顔が小さいです/脚が長いです。
S:高井さんは背が高いです/顔が小さいです/脚が長いです。

▶P3<単純練習(イラスト)>
T:では、「~は~が~」を練習します。今度は動物です。(左上の写真を指して)この動物の名前は何ですか。
S:象です。
T:はい、そうですね。象は…(鼻を指す)
S:鼻が長いです。
T:そうです。全部言ってください。象は鼻が長いです。
S:象は鼻が長いです。
(以下、同様に練習を続ける)

▶P4<単純練習(イラスト)>
T:次は、人で「~は~が~」を練習しましょう。いろいろな人がいますね。(水野さんを指して)水野さんは…
S:水野さんは髪が長いです…等
T:はい、いいですね。(以下、同様に練習を続ける)。

自分自身についての説明をしてもらう

+α他の特徴ある動物についての説明
例)うさぎは耳が長いです、へびは体が長いです…ライオン、だちょう、
+α他の特徴ある人物(有名人)や、
例)私は髪が黒いです、俳優の○○さんは肌がきれいです…等

▶P5<単純練習(文字)>
(「北海道は雪が多いです。」←網掛け部分を目隠し)
(「あなたの町はどんな町ですか」←網掛け部分を目隠し)

T:写真を見てください。これは何ですか。知っていますか。
S:海鮮丼と雪のオブジェです…等。
T:日本のどこで有名なものですか。知っていますか。
S:北海道です。
T:はい、そうです!(「北海道」の目隠しを取る)では、例文を読んでください。
S:雪・多い、北海道は雪が多いです。
T:はい、いいですね。「北海道は~が~です」、で文を作ってください。1)から始めましょう。
S:北海道は人が少ないです。(以下、同様に練習を続ける)

<質問の形「どんなN」、「Nはどうですか」を確認>
T:全部北海道の話でした。Sさんは北海道を知りません。他の人に質問します。何と言いますか。
S:北海道はどうですか/北海道はどんな町ですか。
T:はい、そうですね。
(それぞれの質問に対する答え方も確認する)

Q<名詞1>は、どんな<名詞2>ですか。
A<名詞1>は<形容詞><名詞2>です。

Q<名詞1>はどうですか。
A<名詞1>は<形容詞>です。

T:では、(「あなたの町はどんな町ですか」の「どんな」を指して)ここは何ですか。
S:どんな、です。
T:そうですね。ではSさん、Sさんの町はどんな町ですか。
S:私の町は緑が多いです、人が少ないです、○○が有名です…等※色々な形容詞を使って説明するよう誘導する。

▶P6<文型導入(名詞1は【い形容詞】くて、~。/名詞1は【な形容詞・名詞2】で、~。>
(「張さんは若くきれいです」←網掛け部分を目隠し)

T:絵を見てください。この人は張さんです。張さんは髪が…
S:長いです。
T:そうですね。もっと張さんについて教えてください。
S:張さんは19歳です、若いです、きれいです…等(いA・なA・Nがすべて出るよう誘導する)
T:張さんは若いです。きれいです。2つを1つにしてください。
S:張さんは若くてきれいです。
T:はい、そうです。張さんは若くてきれいです。(目隠しを取る)もう一度言ってください。
S:張さんは若くてきれいです。
T:張さんは19歳です。目が大きいです。(Sが挙げた文章を採用する)2つを1つにしてください。
S:張さんは19歳で、目が大きいです。
T:はい、すばらしいです!張さんはきれいです。髪が黒いです。(Sが挙げた文章を採用する)2つを1つにしてください。
S:張さんはきれいで、髪が黒いです。
T:いいですね。

「名詞1は<い形容詞>くて、~」
「名詞1は<な形容詞>で、~」
「名詞1は名詞2で、~」

の3パターンの例文を挙げる。
T:い形容詞やな形容詞の文、名詞の文が2つよりたくさんあります。1つの文にします。その時に使います。

【意味】[形容詞文・名詞文+形容詞文・名詞文…]⇒1つの文にする】
【接続】
<名詞1>は<い形容詞(い)>くて、~        ←記入
<名詞1>は<な形容詞>/<名詞2>で、~          ←記入

★補足★
・「いい」⇒「よくて」になることを確認しておく。
・Sの様子を見て、様々な形容詞のキュー(特にいA)を出して口頭ドリルをし、スムーズに変換する練習をするのも可。

▶P7<単純練習(イラスト)>
T:「~くて~で、~」を練習しましょう。
(「~くて/~で、~」を囲む)(左上の黒髪の男の人を指して)この人は何と言いますか。
S:タイ料理はどうですか/タイ料理はどんな料理ですか。
T:はい、そうですね。右の人は、何と言いますか。
S:タイ料理は辛くておいしいです/タイ料理は辛くておいしい料理です…等。
T:はい、そうですね。Sさんはタイ料理が好きですか。
S:はい、好きです。

(以下、Sと自由会話を交えながら同様に進める。)

※い形容詞、な形容詞、名詞の全てのパターンが練習できるように、Sを誘導する。
※質問の形と答え方を確認する。
「どんなNですか/でしたか…~くて/で、形容詞+名詞です/でした」
「どうですか/どうでしたか…~くて/で、形容詞です/でした」

▶P8<単純練習(文字)>T:「~くて/~で、~」をもっと練習しましょう。例を読んでください。
S:このカメラ・大きい・重い、このカメラは大きくて重いです。
T:はい。では、1)から始めましょう。1つにしてください。
S:私の部屋は狭くて暗いです。
T:はい、いいですね。Sさんの部屋はどうですか。
(以下、Sと自由会話を交えながら同様に進める)

+α身近な人についての説明
例)あなたの家族/友達はどんな人ですか。
…私の母は優しくて、料理が上手です…等。

T:今日は「~くて/~で、~」を勉強しました。2つよりたくさんの形容詞や名詞の文を1つにしました。今日の授業はこれで終わります。お疲れ様でした!
S:ありがとうございました。