新初级会话L2-14B

初級第14課B

補足資料「動詞のグループ分け」「て形の作り方

▶P2復習
T:今日は「~てください」の復習から始めます。(中央下のダメダメ君を指し「この人はどんな人ですか」「きちんと掃除や洗濯をしていますか」等の質問をする)
S:ダメダメ君は掃除や洗濯をしません。臭いです。
T:そうですね。では、ダメダメ君に「~てください」を使って注意をしてください。
S:洗濯をしてください。毎日歯をみがいてください。お風呂に入ってください。・・・等

▶P3(「荷物を持ちましょうか」←網掛け部分目隠し)
T:イラストを見てください。(「誰と誰がいますか」「おばあさんはどんな様子ですか」等の質問をする)
S:おばあさんは荷物が重いです。階段は大変です。
T:そうですね。この若い男性は、おばあさんに何と言いますか。
S:荷物を持ちましょうか。
T:そうです。荷物を持ちましょうか。ですね。もう一度言ってください!
S:荷物を持ちましょうか。(網掛けを取る)
T:今日は「~ましょうか」を勉強します。

【意味:申し出、提案
接続:動詞ます形+しょうか】←記入

では・・・、私は今とても忙しいです!Sさん、私に何と言いますか。
S:手伝いましょうか。
T:はい。そうですね。では・・・、とても暑いです。
S:窓を開けましょうか。/エアコンをつけましょうか。
T:はい。そうです。

▶P4
T:「~ましょうか」の練習をたくさんします。(左上のイラストを指して)このイラストを見てください。彼は何と言いますか。
S:手伝いましょうか。/持ちましょうか。(以下同様に練習を続ける)

▶P5
T:(右下のイラストを指して)彼女は何と言いますか。
S:救急車を呼びましょうか。きゅうきゅうしゃ
T:そうです。Sさんはこの人(具合の悪い人)です。どう答えますか。
S:お願いします。
T:はい。そうですね。(中心のブルーの枠を指しながら確認する)「はい」の時は?
S:ええ、お願いします。
T:「いいえ」の時は?
S:いいえ、結構です。けっこう
「結構です」には「それでいい」という許可・肯定の意味と、「必要ない」という断りの意味がある
T:では、練習していきましょう。(「~ましょうか」と答え方、両方練習できるように)

▶P6(例文を読ませてから練習をする)
唐辛子・とうがらし

▶P7
T:(会話例「一つ持ちましょうか」←目隠ししておいてもよい。右上イラストと会話を指して読ませる。イラストを見ながら会話練習を続ける。A、B立場を交替したり、会話例を全部目隠ししたりして自由に会話練習させてもよい)

▶P8
T:(外国人を指して)この人は困っていますね。Sさんはこの人に何と言いますか。
S:こんにちは。大丈夫ですか。案内しましょうか。
T:そうですね。(「~ましょうか」の前に、「こんにちは。大丈夫ですか。」等の言葉を添えるように指導する。難しそうなら、講師が一つ見本を示す。以下イラストを見て続ける)