29年試験Ⅰ問題7

次の文章を読み、下の問い(問 1~ 5)に答えよ。

近年、学習者主体の学習方法が広がっている。例えば、A 自律学習 (autonomous learning) は、学習者が自分自身の学習全体に責任を持つ学習方法である。学習者の自律学習能力を育成するためには、まず、B 自律学習における教師の役割を見直すことが重要である。また、C 自律学習を支援するシステムの構築も求められる。そのシステムの構築には、人的リソース、物的りース、社会的りースなどのりソースが利用できる。これらを踏まえて、 教師と学習者が協力し、様々な自律学習を試みる必要がある。

 

29年試験Ⅰ問題7

 

問 1文章中の下線部A 「自律学習 (autonomous learning) 」をねらいとした教師の行動として最も適当なものを、次の 1~4の中から一つ選べ。
問2  文章中の下線部B 「自律学習における教師の役割」として最も適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
問3  文章中の下線部C「自律学習を支援するシステムの構築」の際に教師が行うこととして不適当なものを、次の 1~4の中から一つ選べ。
問4  文章中の下線部D 「人的リソース、物的リソース、社会的リソース」の例として最も適当な組み合わせを、次の 1-4の中から一つ選べ。
人的リソース物的リソース社会的リソース
教師デパート地域住民
アルバイト辞書学校のサークル活動
職場教科書新聞
友人美術館自治会でのボランティア活動
間5 文章中の下報部Eの例として不適当なものを、次の 1-4の中から一つ選べ。

下線部E→教師と学習者が協力し、様々な自律学習を試みる